カテゴリー別アーカイブ: メンズ長財布の色について

メンズ長財布の色バリエーションは豊富です。それぞれのいろについて、考えてみたいと思います。

グリーン(緑)のメンズ長財布なら

メンズ長財布の定番色と言われる黒やブラウンではなく、
ファッションなどに合わせて色を選ぶ男性が増えています。
中でも、アンティークグリーンやモスグリーン、オリーブなどの淡いグリーン系は人気。

限定色として販売されているブランドもあります。
使われている素材によって、落ち着いた色の緑色がよく映える財布もあります。
とても格好良く見えますから、オシャレな男性にはぴったりの色です。

 

有名ブランドでは、グッチのメンズ長財布のエメラルドグリーンやプラダのブルーグリーンが
とてもおしゃれで人気があります。
目立つファッションが好きな男性へのプレゼントには、最適かもしれませんね。
「ブランドものの財布はそれだけでも格好いい」というイメージを持つ男性が多いので
大切な彼氏や旦那さんへプレゼントすると、きっと喜ばれることでしょう。

 

今まで二つ折りの財布を使っていた人が、カード類が増えたことや
仕事などでスーツを着ることが多くなったなどの理由から、「長財布を使うようになった」「使いたい」
という人がとても増えています。
やはり、二つ折りの財布をおしりのポケットに入れるのは、あまりおしゃれには見えません。
薄めの長財布をスーツの内ポケットからさりげなく出す姿は、とてもスマート。
出来るビジネスマンに見えて、好印象を与えます。

 

最近では、ラウンドファスナー型の長財布が人気です。
このタイプだと、カード類が多くても余裕の収納力。
小銭を入れても、こぼれ落ちることはありません。
こういった使いやすさが人気の秘密です。

また、長財布はお札を折ることなく、そのまま入れられるので、
お金が財布の中で居心地が良くなって、もっとお金を集めてくれるという話もあります。
長財布の購入を決めた方は、お金に対する考え方や扱い方なども
ちょっと変えてみる良い機会かもしれません。

金運アップの秘訣は、お金を大切に扱い
いつも財布に多めのお札を入れておくことだそうです。

イエロー(黄色)のメンズ長財布

風水では、黄色い財布は金運を上げると言われています。
また、長財布を持つことも、金運アップには欠かせないと言われています。

そんな黄色い長財布はとても人気です。
女性だけでなく、男性からも多くの支持を受けています。
風水に限らず、黄色は金色に近い色。
ゴールドほど目立たず、派手派手しさもないという理由で、イエローを選ぶ方も多いようです。
金運アップのために、縁起をかつぐと方もたくさんいると思います。

 

黄色系の長財布では、
ゴールデンイエロー、パステルイエロー、リモンチェなどが人気色です。
特にリモンチェは、限定色で販売されている長財布が多く、
鮮やかな山吹色は、カジュアル志向の男性にはぴったり。
定番色の黒や茶色のほかに、黄色の長財布を持つことで、
その日のファッションや小物類などと合わせることができます。

なので、財布のカラーバリエーションを持つことはとても良いことです。
おしゃれな男性は、複数の財布を上手に使い分けていますよ。

 

長財布は二つ折りの財布に比べて、お札やカード類などの収納性が高く
スムーズにお札が入ることから、お金にとっても居心地が良い
「出世財布」などとも呼ばれています。

年収が高い人のほとんどは、長財布を持っているとも言われ、
スーツの胸元から、さりげなく長財布を取り出して
スマートに支払いを済ませる姿には、ステイタスが表れます。

 

長財布に100万円の札束を入れておくと、お金がお金を呼ぶという話もあります。
このことからも、長財布を持つことは、ステイタスシンボルの1つであるのかもしれません。

男性は女性に比べ、1度財布を購入すると
なかなか買い替えをしない傾向が強いと言われています。
ということは、いつまでも長く使う男性が多いわけです。
なので、長財布をプレゼントする予定がある方は、型崩れしにくい
良質な素材でできた長財布を贈ると喜ばれるでしょう。

 

黄色系のキーケースや小銭入れを持っている男性には、それらの小物に合わせて
黄色系の長財布をプレゼントされてみてはいかがでしょうか?

 

 

オレンジ色のメンズ長財布

仕事やプライベートで長財布を使う男性が増えています。
長財布人気、ますます高くなっているようです。
その人気と注目を受けて、財布の素材やカラーバリエーションも拡大中。

 

最近では、ファッションや小物と財布を合わせるおしゃれな男性も増え
長財布の定番カラー「黒」や「ダークブラウン」だけでなく、「オレンジ」などの明るい色も人気です。
風水では、「オレンジ」も「黄色」や「ゴールド」と同じように
お金を引き込み、金運がアップする色とされています。
縁起をかつぎ、オレンジの長財布を選ぶ方もいるようです。

 

ブランドの長財布でも、カラーバリエーションの中にオレンジが含まれていたり。
「プラダ」や「エルメス」など鮮やかなオレンジカラーの、格好いいメンズ長財布がたくさん販売されています。

ただオレンジといっても、いろいろです。
「ダークオレンジ」「パパイヤオレンジ」「バーミリオン」「ゴールデンオレンジ」など
明るさによって分けられています。
目立つおしゃれがお好きな男性には、鮮やかなオレンジの長財布はぴったりのアイテムです。

 

長財布には、「かぶせ蓋のタイプ」と「ラウンドファスナータイプ」「小銭入れの有無」
など様々なタイプがあって、用途・好みに合わせて選べます。

かぶせ蓋タイプのものを使っている男性は、とても多いです。
このタイプのメリットは、その薄さ。
スーツの胸ポケットから、カッコよくスマートに取り出せます。
このタイプの長財布を使っている男性は、小銭入れを別に持っているビジネスマンタイプが多いようです。
おしゃれな方は、長財布と小銭入れ、名刺入れなどを同じ革素材で揃えています。

最近人気急上昇のラウンドファスナータイプの長財布は、
中身がはみ出ず、収納機能が高いことなどが、支持されている理由です。

長財布を購入する際は、ライフスタイルや用途に合わせて
どちらのタイプが使いやすいのか、じっくり検討してみて下さい。

青い(ブルー)メンズ長財布

ネイビーやダークネイビーなどの青い長財布が最近人気です。
人気の原因は、「定番の黒や茶色以外の色の財布を持ちたい」「すでに持っている」
という男性が多くなり、さらに、服装や好みのファッションに財布などの小物の色を合わせる
おしゃれな人が増えているためです。

そんなおしゃれな男性の増加に伴い、長財布のカラーバリエーションも増えました。
好みや用途に合わせて、選びやすくなっています。
また、黒地に青のラインがアクセントとして入っているものなど、デザインも豊富。
カジュアルでもフォーマルでも、どちらでも使える長財布も増えていますよ。

 

特に、カード類が増え、二つ折りの財布が分厚くなってきた方には、長財布がオススメ。
最近では、年代を問わず長財布を持つ男性が増えています。

長財布を持つと「金運が上がる」というのは、有名なお話。
財布は、お金の玄関とも言われています。
多くのお金持ちは、長財布を持っているというデータもあります。

お金持ちは、「お金自体を大切に扱う」習慣があるそうです。
長財布は二つ折りの財布に比べ、お札にとって居心地が良いとか、
お金があるところへ、お金が集まってくるというお金の習性から、
長財布に札束を入れておくと、お金を引き寄せるという説もあります。

このように、財布とお金の関係はとても密接です。
どんな財布を持っているのかで、その人の年収や性格まで分かるとも言われています。
これが本当だとしたら、おしゃれで上質な長財布を持ちたいですよね。

 

スーツやシャツの色、くつやスマートフォンの色などに合わせて、ブルーの長財布。
明るいブルーではなく、シックなダークブルーやネイビー、
黒に近いダークネイビーなど青系の長財布が多数市販されています。
ライフスタイルやファッションに合わせて選ぶと良いでしょう。

白い(ホワイト)メンズ長財布

昔から縁起がよい、お金が貯まりやすいと言われている白蛇柄は、
風水では「財」を表すものとされています。
白い蛇柄の長財布を持っている男性は、意外と多いですよ。
本物の蛇革を使った長財布もありますが、
牛革素材を使った蛇革デザインのものもあります。

男性の長財布の定番カラーは、カジュアルやフォーマル問わずに使える
「黒」や「茶色」ですが、白い長財布も清潔感があり、支持する男性も増えています。

白は、どんなファッションでも合わせやすい色の1つ。
どんなシーンでも問題なく使えて便利です。
また、「黒地に白いライン」が入ったものや、
「ホワイトベースで黒やブルー」などのデザインがほどこされているものもあります。
好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、人気の白蛇柄の他にも、クロコダイル調のものなどもあるようです。
予算に合わせて購入してください。
真っ白は少し抵抗があるという男性には、アイボリーなどが良いかもしれません。

ホワイトカラーの長財布のデメリットは、他の色に比べて汚れが目立ってしまうこと。
いつもクリーニングなどの手入れを行う必要があります。
特に革素材の場合は、専用のクリーナーを使って、こまめに汚れを落とすことが大切。
革製品メンテナンスを定期的に行っている方に、白い長財布はおすすめですね。

 

長財布のメリットは、お札やカード類などの出し入れがしやすく、収納機能が高いこと。
お札がたくさん入り、折り曲げる必要がないことなどが挙げられます。
ジャケットなどの胸ポケットがない場合は、バックも必要です。
長財布を購入する際には、合わせてバッグの購入も考慮したほうが良いでしょう。

大切な彼氏や旦那さんが白いジャケットや靴、スニーカーなどを持っていたら、
白い長財布をプレゼントして、おしゃれにマッチングさせてあげても良いですね。
きっと喜んでもらえるはずです。

赤い(レッド)メンズ長財布

おしゃれな赤い長財布を持つ個性的な男性が最近とても増えています。
「赤」と言っても真紅ではなく、ワインレッド、バーガンディー、ボルドーなどの
シックで格好良い長財布を、さりげなく胸ポケットから取り出す姿には、
多くの女性が魅力を感じるのではないでしょうか?

服や靴と財布の色をマッチさせるために、いろいろな色の財布を持って
使い分けるというおしゃれな男性も意外と多いようです。

赤い財布は、「赤字になる」「お金が貯まりにくい」など
「あまり縁起が良くない」と言われ敬遠されることが多いですが
最近では、「迷信だ」と割り切って、おしゃれや流行を優先させる男性が増えています。
中には、「赤字にならないように!」という願いを込めて、
赤い財布を使っている人もいるようです。

 

赤い財布を選ぶ人が増えていることを象徴しているのが、
メンズの長財布にも「赤」や「赤と黒」などのデザインが多くなっていること。
男性用には、「黒」や「ダークブラウン」などが定番として定着していますが
20~30代の若い世代の男性だけでなく、
最近では、年代を問わず、服装などに合わせて、赤い財布を選ぶ人が多いようです。

5色以上のカラーバリエーションがあるメンズ長財布には、ほとんどの場合
赤系の色も選べるようになっています。
そして、赤を選択する方もとても多いのです。

 

 

フランスのブルゴーニュやボルドーのワインの色に例えて、
バーガンディーやボルドーという赤系の色があります。
それぞれ微妙に色の濃さが違います。

バーガンディーは紫色が強い赤色で、ボルドーは茶色が強い赤系です。
ボルドーはマルーンと呼ばれることもあります。

これらの色は最近特に注目されている色です。
女性だけでなく、男性でもこれらの色の服や靴、小物などを選ぶ方が増えています。

男性にとって、真紅の長財布はちょっと抵抗があります。
でも、それほど明るくなく、シックなワインレッド系なら、
男性でもおしゃれに使いこなせるので、おすすめ。

彼氏やご主人、大切な方へのプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょう?